震災から7年

震災から7年ということで自分の当時のブログを振り返ってみたら涙がとめどもなく流れました。自分のような無名で余所者の人間が被災地に行って歌を歌って人々を元気づけようなどとはおこがましくて微塵も考えていなかったのですが、宮城県石巻市で被災していた大学時代の先輩に誘われて、石巻市内の避難所や中学校など計7カ所で雨宮弘哲ライブを開催してくれ、たくさんの被災者の方々と触れ合うことが出来ました。悲惨な状況とは裏腹に、お年寄りから子供まで、みんな前を向いていたし、笑顔が素敵だったのが印象的でした。7年前のブログの写真を見て、被災地での経験は今も強烈に胸に刻まれてることに気づきました。テレビの報道を見ているだけでは伝わらないことがたくさんあったし、みんなすべてを受け入れて人間らしく生きていました。ライブをするにあたり東北民謡の「斎太郎節」を覚えていったらみんな一緒に歌ってくれたっけ。たくさん笑ったしたくさん泣いた被災地ライブ。あの時触れ合った東北の人々が7年たった今、心の傷が少しでも癒えて元気で過ごしていることを切に願います。

「宮城県石巻市、被災地ライブを終えて」(2011/7)

宮城県石巻市、被災地ライブを終えて

「石巻再訪 最後の避難所ライブ」(2011/8)

石巻再訪 最後の避難所ライブ

amemiya について

シンガーソングライター雨宮弘哲
カテゴリー: NEWS パーマリンク