20190414@野毛ボーダーライン

開演前に野毛の飲屋街を出演者の皆さんと歩いていたらあちこちから賑わう声や音楽が聞こえてきて、昔アイルランドを旅したときに笑い声と共にパブで奏でられる賑やかなトラッドが不意に聴こえてきたことがあり、そのときに感じた多幸感のようなものが蘇ってきました。野毛のことはまだ深く知らないのだけど、アイルランドみたく酒と音楽が根づいてる街なんだなと思い、嬉しくなりました。昨夜はそんな野毛にてツーマンライブ。対バンにはこの街に相応しい真黒毛ぼっくすのお二人がボーダーラインに初登場・初共演。ボーカル大槻さんのお酒がらみの逸話をたくさん聞かされていただけにどんなライブになるか楽しみにしていたのですが、一曲一曲歌を丁寧に置いていくような印象で、キタハラさんの管楽器と歌が加わると大槻さんのソングライティング・情景描写がより際立って聴こえてきてなんとも心地よかったです。大槻さんがこれまでたくさんの音楽を聴き、経験を重ねてこられたのが伝わってきました。何より気づいたら最後にはあたたかく楽しいものが空間に残っていたのが素晴らしかった。初めてポーグスを聴いたときに感じた哀愁と賑やかさが同時に感情を揺さぶるような感覚がありました。その後に演奏するのはなかなかにハードル高かったですが、ぼくらはぼくらの演奏をマイペースにできたのではないかと思います。予定曲は半分くらい変わり、途中から座って歌いました。波子氏のサックスはどんどん雄弁さを増していて音がいきいきとしていました。ここ数回密度の濃いライブを重ねてきた賜物でしょう。ゆっくり呑みたい気持ちを抑えつつギリギリまでみんなと話して慌てて帰りました。長い時間、聴いてくれた方、本当にどうもありがとうございました。チエさん波子さん大槻さんありがとう。ボーダーライン、いわいさんお世話になりました。また野毛で歌える日を楽しみにしています。大槻さんとは縁があって、来月15日にも町田のうどん屋さんで2度目の共演させて頂きます。この日も楽しみです。

2019/4/14野毛ボーダーライン
①おやすみ
②ぜんそく
③不倫はやめなよ
④やまなし帰省のうた
⑤うんこ節
⑥エンヤコリャー
⑦アボカド丼
⑧さいごのおしばい
⑨I HAVE A DREAM

〈次回ライブ〉
【福永幸平企画『あまみのユキへぃ お別れ会ライブ』】
開催 5月15日(水)
会場 町田 純手打ちうどんタロー庵
●あまみのユキへぃ
●雨宮弘哲と広瀬波子
●大槻ヒロノリ(真黒毛ぼっくす)
開演20:00 投げ銭
»東京都町田市原町田3-8-23

amemiya について

シンガーソングライター雨宮弘哲
カテゴリー: NEWS パーマリンク

コメントを残す