越谷にて

この10日あまりのこと。函館でフルマラソンを走った翌日に函館でライブをし、帰宅して間もなくレコーディングのための最終バンドリハーサル、エンジニアさん宅で仮オケ(歌とギター)録り、レコーディング前日に機材搬入、そして2日間の長時間に渡るレコーディングを終え、その翌日に(昨日)ライブ。おまけに来週リリース予定のライブ盤『2024』をCD-Rに焼いて、盤面に一枚一枚手書きし、発注していたジャケット、CD袋、不織布に詰める作業(インディーズ魂炸裂)をしてなんとかライブに間に合わせることが出来た。怒涛の日々で、疲れは溜まっているけれど、無事に終えることが出来て、今はとても清々しい気持ちです。

昨日のライブも気持ちよく歌うことが出来ました。初対面の共演者さんからもそれぞれいい刺激を与えてもらいました。お客さんの中には新作の『2024』を求めて来てくれた方もいて、すごく嬉しかった。この新作をライブ録音した越谷ごりごりハウスで無事に先行リリースすることが出来たことも嬉しかった。鮭が帰ってくるみたいな。買ってくれた皆さまに感謝!間に合って良かった!これを資金繰りとして新しいアルバムの制作を頑張らせていただきます!ひとまず、ひと段落^ ^

Recording day #2

2日間に渡るレコーディング、無事終了しました。

近隣の工事やピアノの調律でレコーディングをやむなく中断したり、その他にもいろいろなことがあったけど、朝早くから夜遅くまでエンジニアの夏秋さんのもと、ミュージシャンが入れ替わり立ち替わり素晴らしい音を録音していき、予定通り全7曲を2日間で録り終えることが出来ました。

ドラム、コントラバス、ピアノ、サックス、アコースティックギター。全曲5人で1人も欠けることなく録れたことも嬉しかった。ぼくがずっとやりたかった音楽がようやく形に出来たような。。

みんながそれぞれ録音した音を聴きながら最後に歌入れをしたのですが、とある曲で5人のアンサンブルが胸に迫り、泣けて仕方なかった。20年前に書いた曲だけど、書いた当時の心境とか、誰にも評価されなかったこととか、今に至るまでの経緯とか、いろいろ思い出してしまった。

今回バンド録音して本当によかったと思った。
とてもいいアルバムになると思います。
アルバムタイトルもレコーディング中に降りてきました。
楽しみに待っていただけたら嬉しいです。

予算は尽きて、すでにこの先の作業(CDプレス、ジャケット発注等)は何も出来ない状況ですが、制作支援をしてもらえたらと新しいライブ盤を作ったので、ネットショップやライブ会場でご購入いただけたら幸いです。
ライブ盤『2024』は、本日のライブ会場、越谷ごりごりハウスより先行販売させていただきます。
どうか、よろしくお願いいたします!

◆2024年7月10日(水)
越谷 音楽茶屋ごりごりハウス
「ゴリ・ストーリーは突然に」
-出演-愛雨宮弘哲と広瀬波子内藤重人鈴木大夢
開場19:00 開演19:20入場2,500YEN+オーダー
ご予約→ gorigorihouse@gmail.com もしくは amemiyahiroaki@gmail.com (雨宮)
出番は4番手
埼玉県越谷市越ケ谷1-12-19柴田ビルⅡ1

Recording day #1

レコーディング初日、無事終了!エンジニアの夏秋さんと某所にて朝から準備。ドラム川畑さんからいよいよレコーディング開始。順調にいいドラムが録られていく。安定感のあるドラムの中に物語性があり、ある曲で聴いてて泣きそうになる。最高!お誘いしてよかった。次にコントラバス宮坂くん。京都から八ツ橋を持って直行してきてくれた。さすが申し分ない演奏。宮坂くんとはもう5年くらい一緒に演奏してるけど、どんどん音が馴染んできてるのを実感し、嬉しくなる。ある曲の弓弾きの音で空が飛べました。ここで急遽、レコーディングを中断し、ピアノの調律が入る。約1時間半の調律後、宮田さんのピアノ録音。曲が一気に華やかになる。ずっとピアノの人とレコーディングしてみたかったんだけど、宮田さんでその想いがようやく叶ったことが嬉しい。一気に3曲を録音。さすが!次にサックス広瀬波子。曲を自ら分析して熟知してくれているから信頼してる人。ワンテイク、もしくはツーテイクで完了。素晴らしい。最後に自分のギターの録音で手こずる。自分の駄目なところが如実に見えるのもレコーディング。冷や汗。。いい修行になりました。。最後に歌を録音。ずっと喉の調子が悪かったんだけど、想いのままに歌ったらすんなり録れた。自分でもびっくり。エンジニアの夏秋さんに感謝です。無事3曲を録音できました。そして本日2日目。頑張ります!

搬入

昨夜のうちにレコーディング機材の搬入🚴‍♂️
そしてドラムのトップを替えて頂きました🥁✨✨
レコーディング前の楽器のメンテ大事😌
ドラムは整いました✨
あとはピアノの調律‥🎹

最終リハーサル

昨夜はレコーディング前の最終リハーサルでした。初めて5人が揃った日。自分の場合、音楽を始めたころから誰もいない部屋で想像を膨らましながらコツコツと曲を書き、それを1人で奏でることが常だったのですが、この5人で演奏してみるとそれまで地を這いつくばっていた歌が空を飛んでいくような感覚になるのがうれしく、ようやく音楽を始められたような、何とも言えない喜びに満ち満ちてくる。出会えてよかったなぁと。みんなそれぞれに素晴らしい才能の持ち主で、様々なアイディアが飛び交い、決して楽しむことを忘れてない。いい方向に誘われ、そして真ん中には自分の歌がある。これからレコーディング、楽しみです。

先行販売

この日、会場にてアルバム『2024』先行販売いたします!ちょうど3年前、雨宮弘哲トリオのアルバム『まぼろしがすむ』の発売日と偶然重なりました。このアルバムは越谷ごりごりハウスでのライブレコーディング音源で、エンジニアの緒方さんのおかげでとてもいい音で録音できています。これからバンドレコーディングするための資金がどうしても足りず、資金繰りとして緊急リリースさせていだくこととなりました。(ネットショップでの販売は7/18からになります。)
https://utaboshi.official.ec/
録音をしたごりごりハウスで先行販売できることがとても嬉しいです。ご来場、お待ちしております!

◆2024年7月10日(水)
越谷 音楽茶屋ごりごりハウス

「ゴリ・ストーリーは突然に」

-出演-

雨宮弘哲と広瀬波子
内藤重人
​​​​​​​鈴木大夢

開場19:00 開演19:20
入場2,500YEN+オーダー

ご予約→ gorigorihouse@gmail.com もしくは amemiyahiroaki@gmail.com (雨宮)

出番は4番手

埼玉県越谷市越ケ谷1-12-19柴田ビルⅡ1F

函館にて

函館には21年前、あめあめのファーストアルバム『和同開珎』のレコーディングのため滞在していたことがあるけど、函館でライブをするのは今回が初めてでした。企画を立ててくれた札幌のミュージシャン、ガジーさんのおかげ。しかも自らオープニングアクトを買って出てくれ、月曜日にも関わらずお客さんも呼んでくれた。。感謝しかない。札幌からわざわざやって来て、いいライブをやって、最後までライブを見届け、乾杯して、場を和ませ、曲の感想を端的に熱く話し、仕事のため最終ギリギリでまた札幌へ帰って行く。何かカッコ良すぎないか笑。見習うべきところがたくさんある方だった。もう少しゆっくり話したかったけど、また次回きっと会えるだろうから楽しみはそれまでとっておこう。そのガジーさんが引き合わせてくれた鶴川オーケストラは、ゴダンのエレガットを弾くゆうげんさんとまだ大学生のチェリスト秋縁くんのユニット。独特なセンスを感じる演奏にときどきハッとさせられたなぁ。
会場のBAND WAGONは古くには味噌や醤油を作っていた場所だったようで、柱などにその風情が残っている。いい響きのするハコでした。
そんな中で、雨宮弘哲と広瀬波子もライブをさせてもらえてありがたいことこの上なし。マラソン疲れはあったものの、みなさんのおかげで振り切っていい演奏が出来たと思います。

最後になりましたが、ご来場くださった皆さま、CDを買ってくれたみなさま、本当にありがとうございました!
BAND WAGONのみなさま、共演のみなさまにも感謝を!
また函館で演奏出来る日を楽しみにしています。出来れば遠くない日に!

2024/7/1 函館BAND WAGON
雨宮弘哲と広瀬波子setlist

1 やまなし帰省のうた
2 碑~good morning blues~
3 オリーブの木
4 Down By The Salley Gardens
5 John Ryan’s Polka~The Rakes of Mallow
6歌星

アンコール
7 アルフォート