雨宮弘哲トリオリハーサル

雨宮弘哲トリオ、8/15の有観客配信ワンマンに向けてリハーサルでした!お2人ともいい音を出してくれるのでとても気持ちが良いです。コントラバスの宮坂さんはトリオでは去年以来で久しぶりでしたが、今回はより深く音で繋がり合えそうでとても楽しみです。サックスの波子さんは今回本業以外のいろいろな楽器を担当してくれます。今回は歌も歌うかも?!ニューアルバム『COMPLIANCE』の曲と更なる新曲と旧譜がいいバランスでワンマンの中で表現できそうです。レコ発ツアーでまわれなかった地方の皆さまにも届くよう配信もいたします。ご来場できそうな方はぜひ生でこの音を体感していただきたいです。来場7名限定で距離を保ってお届けいたします。雨宮弘哲トリオをよろしくお願いいたします

【COMPLIANCE TOUR 2020夏】‪

2020/8/15(土)於)大久保 ひかりのうま
-雨宮弘哲トリオ生配信ワンマンライブ-‬‪

出演‬ 雨宮弘哲トリオ(‬雨宮弘哲 guitar,vocal/広瀬波子 sax/宮坂洋生 contrabass)‪

※観覧(限定7名/要予約)チャージ2000円+d‬ open 19:30 start 20:00‬‪(終演後〜22:00バー営業)‬‪

※生配信:20:00〜ご視聴無料(投げ銭大歓迎)‬‪

※投げ銭(ライブ当日から一週間受け付けています。アーカイブも一週間ご覧になれます)→https://clublunatica.stores.jp/items/5f2252a3d7e1d86ce558ca36

※配信YouTubeアドレス→https://youtu.be/Ztgz5pAPm1E

※観覧のご予約はこちらをご覧ください→https://hikarinouma.blogspot.com/2020/06/blog-post.html

【配信LIVEダイジェスト映像2020.6.30】

ピアニスト藤原マヒトさん、真黒毛ぼっくす大槻ヒロノリさんをゲストに迎えた有観客生配信ライブの模様を12分間のダイジェスト版でYouTubeにアップいたしました。配信された映像とは別角度からの映像です。あらためてマヒトさんのピアノ、大槻さんの歌とパフォーマンスに釘付けになりました。雨宮弘哲と広瀬波子も初共演、藤原マヒトさんのピアノとの化学反応を存分に楽しみました。沖縄民謡をセッションしたのもよかったし、ずっとお休みしていたひかりのうまで歌えたのも何よりでした。イベントの内容を色濃く捉えてる編集も楽しさが伝わってきてうれしかったです。7名限定とは言え、お客さんの居るライブはこの日が久しぶりでした。みんなこんなに楽しそうだったとは気がつきませんでした。現状なかなかライブは出来ないので、大切な時間を映像に残してもらえて本当に良かったです。

【有観客配信ライブ〈ひかりのうまで逢いましょう〉ダイジェスト@東京大久保・ひかりのうま2020.6.30 雨宮弘哲/広瀬波子/大槻ヒロノリ(真黒毛ぼっくす)/藤原マヒト

setlist

セッションopening 安里屋ユンタ(沖縄民謡)

●雨宮弘哲/広瀬波子/藤原マヒト

1 雨に唄えば 2 おおガーデン(新曲) 3 碑 ~good morning blues~ 4 阿佐ヶ谷の部屋

●大槻ヒロノリ(真黒毛ぼっくす)

1 新曲 2 春一番 3 九十九里浜まで 4 モービーディックの唄

セッションending 唐船ドーイ(沖縄民謡)

出演

雨宮弘哲 vincent guitar,Irish bouzouki,三線,harmonica,vocal 広瀬波子 sax,tin whistle 藤原マヒト piano,拍子木 大槻ヒロノリ vocal,guitar,お囃子&カチャーシー

撮影編集・山崎清太郎

リハーサル

コロナの影響で日々刻々と状況が変化していく中、仕事が全くなくなったり、急に仕事が押し寄せたり、来月からのスケジュール対応が大変になってきました。ライブ活動としましては8月15日に大久保ひかりのうまで行うトリオ配信ワンマンのみに絞り、そこに向けて進んでいる感じです。譜面書きはサックスの波子さんにお願いしたり、宣伝のイラストはよよよゐ君にお願いしたり、みなさんに協力いただいていて本当にありがたい。大切にやっていきたいと思います。昨夜のリハーサルも手応えがありました。途中、リハーサル風景のツイキャス配信も試みたのですが、1分くらいで回線が切れてしまいました。電波状況により地下のスタジオからの配信はどうやら厳しいみたいです。本番はいい環境でご覧いただけると思います。8月15日は配信もしくは会場でお待ちしております。

【COMPLIANCE TOUR 2020夏】‪

2020/8/15(土)於)大久保 ひかりのうま
-雨宮弘哲トリオ生配信ワンマンライブ-‬‪

出演‬ 雨宮弘哲トリオ(‬雨宮弘哲 guitar,vocal/広瀬波子 sax/宮坂洋生 contrabass)‪

※観覧(限定7名/要予約)チャージ2000円+d‬ open 19:30 start 20:00‬‪(終演後〜24:00バー営業)‬‪
※生配信:20:00〜ご視聴無料(投げ銭大歓迎)‬‪
※観覧ご予約・配信ご視聴・投げ銭はこちらをご覧ください→https://hikarinouma.blogspot.com/2020/06/blog-post.html

【COMPLIANCE TOUR 2020夏】‪詳細

8.15配信ワンマンライブの詳細が決まりました。フライヤーも無事完成致しました♪雨宮弘哲トリオの似顔絵、3人ともよく似てる(^^)描いてくれたのはシンガーでイラストレーターのよよよゐくん。ライブも楽しみになってきました。アルバムの内容を伝えるだけでなく、今までやったことないこともチャレンジしようと思っています。よろしくお願いします!ご観覧は限定7名入場可能となります。ご予約・ご視聴、お待ちしております!

【COMPLIANCE TOUR 2020夏】‪

2020/8/15(土)於)大久保 ひかりのうま-雨宮弘哲トリオ生配信ワンマンライブ-‬‪

出演‬ 雨宮弘哲トリオ(‬雨宮弘哲 guitar,vocal/広瀬波子 sax/宮坂洋生 contrabass)‪

※観覧(限定7名/要予約)チャージ2000円+d‬ open 19:30 start 20:00‬‪(終演後〜24:00バー営業)‬‪

※生配信:20:00〜ご視聴無料(投げ銭大歓迎)‬‪

※観覧ご予約・配信ご視聴・投げ銭はこちらをご覧ください→https://hikarinouma.blogspot.com/2020/06/blog-post.html

投げ銭のお礼

もう2カ月近く前になりますが、6月3日、STAX FREDでの無観客配信ライブにおいての投げ銭集計結果を、昨日、ライブハウスからようやく聞くことができ、たくさんの皆さまにご視聴いただき、投げ銭をいただいてたことを実感できました。投げ銭を振り込んでいただいた方、本当にありがとうございました!ライブハウスで投げ銭ライブをやる場合、「どなたからいくら投げ銭をいただいたか」は基本的にアーティスト側は把握していません。なので個別のお礼が言えないため、この場を借りてお礼させていただくことにしました。
今年3月は8本ライブをやっていたのが、コロナの影響で5月と7月(今月)は一本もやっておらず、自主レーベル歌星レコードとしての事業収入は2か月共に0円となりそうです。前年と比較しても相当に落ちました。そんな中での初めての配信ライブによる投げ銭(まだ振り込まれてませんが)だったので、本当に励みになりました。顔の見えない方々に向かって歌い、顔の見えない方々からお金を頂く。慣れないやりとりに戸惑いがすごくありましたが、結果的にそれが強い支えとなりました。噂では全国各地から頂いたと聞いています。もしよかったら名乗りをあげてこちらに投げ銭の報告してくれたら嬉しいです。投げ銭を振り込んでくれた方がこの投稿を読んでくれてることを願います。本当にありがとうございました!!

【COMPLIANCE TOUR 2020夏】

この夏、最初で最後の雨宮弘哲トリオライブが決まりました。生配信ワンマンライブです。元々、今年の夏は新しいアルバム『コンプライアンス』を引っ提げて、出来るかぎり全国をまわるツアーを計画していたのですが、コロナウイルスの影響が長期化し、自分自身も経済的なダメージをかなり受け、夏のツアーはすべて断念することにしました。そこで夏のうちに拠点としている東京のハコから、せめて配信という形で全国のみなさまにアルバムの内容をお届けできたらという発想で今回のライブを決めました。広島、青森、名古屋、高知、戸頭、北海道、沖縄、佐渡…会いに行きたかった場所がたくさんあります。配信ライブのタイトルは「コンプライアンス・ツアー2020夏」。ツアーではないけれど、ツアー出来なかった想いも込めてこんなタイトルにしました。8月15日(土)、お盆の夜に東京はひかりのうまから生配信いたします。コロナの影響が日々移り変わってますが、少人数の有観客制にする予定でいます。詳細はあらためてご報告させてください。よろしくお願いいたします!

●2020/8/15(土)
「COMPLIANCE TOUR 2020夏」
於)大久保・音楽と珈琲 ひかりのうま
生配信ライブ

出演 雨宮弘哲トリオ

雨宮弘哲 guitar,harmonica,vocal
広瀬波子 sax,tin whistle
宮坂洋生 contrabass

プールにて

久々にプールへ泳ぎに行く。館内はソーシャルディスタンスを徹底してる感じで、検温されマスクの徹底、休憩室も低温サウナも使えない。プール内にはぼく以外ほんの数人しか泳いでなかったのにしばらくしてフェイスシールドをつけた若いインストラクターに「もう少し右側を泳いでください」とちょっと焦った感じで注意を受ける。暇そうではあるが、いつもより厳しい監視の目。背泳ぎだったしなあ、次は気をつけようと思い、今度はクロールでしっかり右側を泳ぎはじめる。1キロを泳ぎ切ろうとしてたとき、今度は色黒のマッチョなおじさんインストラクターに呼び止められる。またかと思ったら、顔を近づけてきて「水着の後ろがやばいことになってるのお気づきですか?」と囁くように告げられた。確認するとお尻のあたりがパックリ縦に破れていた。ついにきたか。。これ以上の悪化を避けるため「出ます」と告げてお尻を押さえながらプールを後にした。人が少なかったのが幸い。思えば中学のときから約30年間、毎年履いてきた水着である。破れるのも無理はない。いままでこの水着一着でどれだけ泳いできたことか。よく持ち堪えてくれました。本当にどうもありがとう。