27日はツーマンライブ

次週27日のライブはツーマンライブになりました。持ち時間50分。全編トリオバンドで演奏します。タイコのタイくんのドラムでの参加は7年振り、サックス・アイリッシュホイッスル・オカリナの広瀬波子さんとは初めての共演です。

●2017年1月27日(金) 大久保 ひかりのうま

「HIGH BRIDGE Derby 20R」

出演 雨宮弘哲withタイコのタイ(drums)広瀬波子(sax,irishwhistle,ocarina)/Lovin’cup

開場19:00/開演19:30 ¥2000+1drink

(雨宮弘哲トリオの出演時間は19:30〜20:20)

»東京都新宿区百人町1-23-17-B1(旧キューピット)
JR総武線大久保駅から徒歩1分

次回NEWトリオ

ティンホイッスル、オカリナ、サックスの広瀬波子さんに初参加して頂き、リハーサルをしました。あとはドラムのタイコのタイさんが加われば全貌が見えてくるはず。まだ頭の中にしかない音楽を少しずつ具現化していく喜びを毎日感じながら構成を考えています。
雨宮弘哲NEWトリオ、来週27日に新宿区大久保「ひかりのうま」にて初ライブです。

⚫︎2017年1月27日(金) 大久保 ひかりのうま
「HIGH BRIDGE Derby 20R」
出演 雨宮弘哲withタイコのタイ(drums)広瀬波子(sax,irishwhistle,ocarina)

開場19:00/開演19:30 ¥2000+1drink
»東京都新宿区百人町1-23-17-B1(旧キューピット)
JR総武線大久保駅から徒歩1分

ラーメンと焼きそば

買い置きというのをほとんどせず、冷蔵庫の中はだいたい空っぽ。レンジも持ってないから冷凍もあまりしない。都心から田舎に越してきてからは近くに何もなくやっぱりちょっと不便。昨日もライブを終え夜中に家に帰ったら麺しかなかった。仕方なく自分で作った夕飯はラーメンのおかずが焼きそば(どちらも具なし)みたいなことになる。でもこれが美味かった。ふだんなら虚しくなりそうな食事だけれど、あっという間に食べてしまった。お腹が空いてたこともあるが、その日のライブが気持ちよく歌えたことに起因してると気づいた。2017年歌い初め。いいものをなるべく循環させていきたい。

C2JHxy4UoAAh2Kd.jpg-large

本日の物販

今日は今年の歌い初め。去年の歌い納めライブの音源がとてもよかったので、未発表新曲を中心に編集たものをCD-Rにて物販販売します。

『雨宮弘哲2016年歌い納め』
1アボカド丼
2松の里
3愛と肉-たけちゃんに捧ぐ
4雨に唄えば
5ぜんそく
6さいごのおしばい
7歌星
8デオズー

LIVE at 中野alternative cafe(2016/12/24)

失くした鍵と駅員さん

労働ってこんなにキツいものなのか?といつものように極寒の深夜ふらふらの足で自宅前にたどり着くと、鍵がない。ほとんどトライアスロンでもやっているかのような通勤地獄の果てに鍵を失くすって、、新年からほとほと失望した。電車の中に忘れたに違いないと忘れ物センターに電話したがもちろん時間外。再び駅まで戻り、すでに終電も終わって閑散としている駅にまだ残っていた駅員さんに藁をもすがる思いで尋ねた。鍵を忘れたかもしれないんですけど…。50代後半くらいの駅員さんは一瞬訝ったが、丁寧に紳士に対応してくれた。もし私が逆の立場だったら仕事終わり前に余計な仕事増やすなや〜と声ではなく態度で全開に示していたと思う。心優しさに触れたというか、1日の終わりにも関わらず申し分ない対応をしてくれた駅員さんには困り果てていただけに感動すらした。そして終着駅に問い合わせてもらったところ、鍵、見つかった。嬉しかった。ありがたかった。ただもう取りに行く電車がない。明けて今日、終着駅の忘れ物センターまで出向き、無事鍵を取り戻すことができた。

15940757_1148230258630240_8121070501273018524_n

帆立と弟の嫁さん

毎年正月には実家にて青森から大量に送られてくる活き帆立とサザエを捌き、調理するのが恒例になってきている。初めは苦戦を強いられた帆立捌きも、年々手慣れて上手くなってきている。弟の嫁さんは伊東の出身で大量の伊勢海老も同時期に届くし、もうひとりの弟の嫁さんからは山形の美味しいお米や酒が届く。はっきり言ってこんな贅沢は一年に一回だけ。普段は木でも囓ってるような食生活なので本当にありがたい。昨年、実家で20年近く飼っていた猫のタラが亡くなり、これからは寂しくなるなと思いきや、まだ2歳の姪っ子が少しずつ喋れるようになり、笑ったりはしゃいだり、一家団欒の場をよりなごませるようになっていた。弟の嫁さんとは基本、話をしない。何を話していいかわからないし、向こうもぼくの存在に困ってるっぽい。”弟の嫁さん”って近いようで血のつながりもなく、ましてや趣味も価値観も全然違うし、身近なだけにかなり脅威。ぼくはただ飲めない酒を煽りながら、その場に存在してるのが精一杯で、それが一番心地いいのかもしれないなと思う。不器用ながらも捌いて調理した帆立やサザエをみんなに振る舞うのが唯一のコミュニケーションになっている。

img_7757

柿の木と故郷

故郷の松里に帰省。松里は柿の名産地で主に枯露柿で知られる。久しぶりに帰ったらあまりの柿の木の数に驚かされた。子供の頃はいたって普通の光景。どこの家にも干し柿のカーテンがあった。高い山々に囲まれ、でかでかと富士が見え、恵林寺の鐘が鳴り、深沢七郎の小説で知られる笛吹川が流れている。山あいの秘境と云ってもいいくらいの渋い土地に自分は育ったんだなと意識をあらたにしたところ。元々は松里村という小さな村で、今は合併され松里の地名は残っていない。ちなみに私は松里小学校、松里中学校の出身。筋金入りの松里人。柿を見るとやはり故郷を思い出す。松里出身で干し柿を作ったことのない人間はおそらく1人もいない。小学校に入ると全校集会があり全校児童でいっせいに柿の皮むきをし硫黄燻蒸までする。それは夏になったらプールに入るのと同じくらいあたりまえのことだった。久し振りに柿の木を見つめてたらそんな回想に至った。住むには不便も多いけど、今となってはすべてが愛おしく、生まれ故郷はやっぱり落ち着く場所であった。

img_7237

カテゴリー: NEWS