2018.10.28 町田市民文学館 第12回文学館まつり

町田に初めて来たのは高校3年の冬、大学受験のときでした。見事に落っこちて、それ以来、町田には辛い思い出だけだったのですが、昨年から町田で歌わせてもらうようになり、都心から遠く離れたこの土地を拠点に独自な活動をするミュージシャンたちと知り合い、自分が音楽をやるだけでなく、毎回楽しいエネルギーを町田のミュージシャンたちから受け取らせてもらってます。今回は規模の大きな祭りのステージだったので(全11組出演)、いつもより大っきい何かを受け取らせてもらった気がします。歩行者天国での野外ライブだったので天気も晴れてよかった。主催タローさんはこれだけの数のミュージシャンを束ねて、うどんも作って、赤星も用意して、きっと大変だったことと思います。とてもいいイベントであり、いい祭りでした。打ち上げはタロー庵で。とっても楽しかったなー。実は未だに二日酔いでぶっ倒れてます笑。それでも後悔なし。演奏を聴いてくれた町田に住む皆さま、町田のミュージシャンの皆さん、もはや自分の一部のような演奏をしてくれるサックス波子さん、素晴らしい映像を撮ってくれた清太郎さん、主催タローさん、大変お世話になりました。本当にどうもありがとう。

20181028町田文学館まつり
1うんこ節
2I HAVE A DREAM
3歌星
4エンヤコリャー
5おやすみ

ハーモニカ、ギター、歌 雨宮弘哲
サックス 広瀬波子

町田文学館前特設ステージにて

amemiya について

シンガーソングライター雨宮弘哲
カテゴリー: NEWS パーマリンク